Physics Cloud Profile を作成して,雲の形や高さ,ライティングパラメータを定義し、Physics Cloud RendererCloud Layer に設定することで雲を切り替えることができます。

Physics Cloud Profile の作成

新規の Physics Cloud Profile を作成するにはメインメニューまたは プロジェクトビュー のコンテキストメニューから Assets->Create->Mewlist->MassiveClouds->Physics Cloud Profile を選択します。

Physics Cloud Profile

Sampler

  • Volume Texture
    • 3次元ノイズテクスチャ。
  • Tiling
    • Volume Texture のタイリングを調整します。
  • Octave
    • 指定された倍率の高周波ノイズを加える。
  • Octave Multiplier
    • Octave ノイズの影響度。
  • Sculpture A - C
    • 雲の形。
  • Warp
    • ドメインワープノイズの強度。
  • Softness
    • 雲の密度。
    • 値が大きいほど薄い霧のような雲となります。
  • Near Softness Scale
    • カメラ近くの雲の Softness 値をスケール。
  • Density
    • 雲の濃度。
  • Scale
    • 雲の大きさ。

Shape

  • Height / Thickness
    • 雲を描画する高さの範囲。
  • Softness Top
    • 雲頂の形。
  • Softness Bottom
    • 雲底の形。
  • Figure
    • 雲頂,雲底の膨らみ具合。
  • Max Distance
    • 雲を描画する最大距離。

Lighting

  • Intensity
    • ライティングの強さ。
  • Quality
    • ライティングの品質。 GPU 負荷への影響が大きいため、注意が必要です。
  • Scattering
    • 雲の散乱強度。
  • Shading
    • 雲陰の調整。値が小さいほど輪郭が強調され,値が大きいほど光源に対する陰が強調されます。
  • Shading Distance
    • 雲陰の強度。
  • Transparency
    • 雲の透明度。
  • Mie
    • 光源方向のライティングを強調します。