Stylized Cloud Profile を作成して,雲の形や高さ,ライティングパラメータを定義し、Stylized Cloud RendererLayers に設定することで雲を切り替えることができます。

Stylized Cloud Profile の作成

新規の Stylized Cloud Profile を作成するにはメインメニューまたは プロジェクトビュー のコンテキストメニューから Assets->Create->Mewlist->MassiveClouds->Stylized Cloud Profile を選択します。

Volume Texture Parameters

Renderer

  • Volume Texture
    • 雲の形を決める 3DTexture データを指定します。各種ノイズテクスチャや形状テクスチャが Texture フォルダに用意されています。
  • Tiling
    • 3DTexture のタイリングを調整します。X: 水平方向 Y:垂直方向 のタイリング値となります。
  • Renderer
    • Surface
      • 不透明オブジェクトのようなライティング
    • Lucid
      • 透明感のある雲に適しているが,ライティングの方向感に乏しい
    • Solid
      • ハイライトが強調され方向感のあるライティング
    • Authentic
      • リアルなライティングと少ないノイズ。カメラが雲の中に突入したときもディテールを損ねずに描画できます

Shape Parameters

Renderer Renderer

  • Horizontal
    • 水平方向に雲を描画します。より遠景の雲を表現できます。
  • Relative Height
    • 雲の描画位置を調整します。Horizontal にチェックが入っている場合,カメラからの相対的な高さの位置に雲を描画します。カメラの高さが変* わっても雲との距離が変わらなくなります。
  • Softness Top / Softness Bottom
    • 上面,下面の柔らかさを調整します。この値を大きく設定すると Horizontal モード時の雲の境界となる面が柔らかくなります。
  • Figure
    • 上面,下面の削れ具合を調整します。値を大きくすると雲頂を強調できます。
  • Height
    • 雲の下面 / 上面の高さを指定します。
  • Thickness
    • 雲の奥行きを指定します。
  • From Distance
    • 雲の描画を開始するカメラからの距離を指定します。
  • Max Distance
    • 雲が描画される最大距離を指定します。
  • Octave
    • 雲のディテールを調整します。この値を大きく設定すると,より詳細に雲が描画されます。
  • Detail Distance
    • 近景の雲にディテールを足す距離を指定します。
  • Sculpture
    • 雲の彫りの深さを調整します。
  • Density
    • 雲の密度を調整します。この値を大きく設定すると,空全体を覆い尽くすように変化します。
  • Scale
    • ボリュームテクスチャのスケールを調整します。
  • Softness
    • 雲の滑らかさを調整します。この値を大きく設定すると,雲と空の境界が柔らかくなります。

Raymarching Parameters

Renderer

  • Iteration
    • レイマーチングのループ回数を指定します。値が大きいほど精細な描画ができるようになりますが,GPU負荷が高くなります。モバイル環境など GPU の性能が低い環境では低い値を設定することを推奨します。
    • ※ Authentic レンダラでは使用しません。
  • Dissolve
    • 背景色の強さを調整します。この値を大きく設定すると背景と雲の色がなじみます。
  • Far Dissolve
    • 遠くの雲を背景色となじませます。
  • Fade
    • 遠景の雲を調整します。この値を大きく設定すると 遠景の雲を空になじませます。
  • Optimize
    • 値が大きいほどカメラとの距離に応じて描画処理を軽減させます。

Animation Parameters

Renderer

  • Scroll Velocity
    • スクロールアニメーションの各軸の速度を指定します。
  • Phase
    • Octave 成分のスクロール速度をずらすことができます。雲が湧いたり消えたりする効果が得られます。

Lighting Parameters

Renderer

  • Lighting
    • Directional Light の影響度を指定します。 この値を大きく設定すると強くライトの影響を受けます。
  • Direct Light
    • 雲のライトを受ける面の光を強調します
  • Ambient
    • アンビエントライトの影響をどのくらい受けるか調整します
  • Lighting Quality
    • RenderMode が Lucid, Solid のときは効果がありません。
    • ライティング計算の品質を調整します。この値を大きくすると GPU 負荷が急激に増加するため,なるべく小さな値に設定することをおすすめします。
  • Light Scattering
    • 擬似的な内部散乱光の強さを設定します。
  • Light Smoothness
    • 陰の強さを調整します。この値を大きく設定すると雲の陰がなめらかになります。
    • ※ Authentic レンダラでは使用しません。
  • Shading
    • 影の強さを調整します。 この値を大きくすると,より広い範囲に影が現れます。

Global Lighting Parameters

Renderer

  • Global Lighting
    • ディレクショナルライトの方向の雲を明るくします(暗くします)
  • Global Lighting Range
    • 太陽の位置からのグローバルライトの範囲。
  • Edge Lighting
    • ディレクショナルライト方向の雲のエッジを明るくします。

Ramp Parameters

Renderer

  • Ramp
    • Ramp テクスチャを利用した描画を行います。トゥーンシェーディングのような効果を設定したり,エフェクトを作成する場合に有用です。
  • Ramp Texture
    • X 軸方向に Ramp 情報が指定された 2D テクスチャを指定します。(テクスチャのタイリングモードは通常 Clamp に指定します)
  • Ramp Scale
    • Ramp Texture のスケールを調整します。
  • Ramp Offset
    • Ramp Texture の適用位置を調整します。
  • Ramp Strength
    • Ramp 描画の適用量を調整します。

Shadow Parameters

Renderer

  • Shadow
    • 影を描画する場合はチェックしてください
  • Shadow Softness
    • 影のエッジの柔らかさを調整します.
  • Shadow Quality
    • 影を検出するためのレイキャストの品質を調整します。大きい値ほど正確に影を検出できますが,GPUコストが上がります。
  • Shadow Strength
    • 影の強度を調整します。大きいと濃くなります。
  • Shadow Threshold
    • 影を落とす画面の輝度のしきい値を調整します。

Volumetric Shadow Parameters

Renderer

  • Volumetric Shadow
    • ボリューム影を描画する場合はチェックしてください
  • Volumetric Shadow Density
    • 影の濃さ調整します.
  • Volumetric Shadow Strength
    • 光の散乱度合いを調整します。 大きくすることでゴッドレイが出やすくなります。

Post Process Parameters

Renderer

  • Brightness
    • 雲全体の明るさを調整します。
  • Contrast
    • 雲全体のコントラストを調整します。
  • Transparency
    • 透明度を調整します。